トランサミンは市販されてるの? 他の市販薬との相性は?

トランサミンの市販品はあるの? 他の市販薬は併用できるの?

今現在トランサミンは市販品として流通していません。ですが、そうなると入手手段はどうなっているのでしょうか?

 

トランサミンは法律で規制されているので市販できない

トランサミンの取り扱いは法律で規制されていますから、市販薬としては出回っていません。もしも、売っているのを見かけても手を出さないようにして下さい。繰り返しになりますが、トランサミンは法律で市販してはいけないことになっています。偽物なら買っても意味はありませんし、仮に本物だったとしたら違法な取引となってしまいます。やっかいごとに巻き込まれないようにその店からは距離を置いた方がいいでしょう。

 

トランサミンの取り扱いを許可されているのは、都道府県知事から認可をもらった特定の業者だけです。その業者が販売するルートも医療関係者に限定されていますから、近所のドラッグストアや薬局の店頭で市販されることはあり得ません。

 

トランサミンがどうしても欲しい状況になったら、病院で医師の診察を受けて処方を出してもらうのがもっとも手っ取り早い方法です。偽物をつかまされる心配もありませんし、病気の治療に関するアドバイスや必要な他の薬も処方してもらえるでしょう。

 

ですが、病院で診察を受ける為にはそれなりの固まった時間を作る必要がありますから、仕事が忙しい人にはなかなか厳しいかもしれません。トランサミンしかいらない、という方であれば毎回診察代や病院へ行く為の交通費も無駄に感じてしまうでしょう。もっと費用をカットしてさらに簡単に手に入れる方法はないのでしょうか。

 

トランサミンをお手頃価格で手に入れるなら輸入代行

国内で市販されていない医薬品を安く購入できる手法として、昨今では個人輸入代行がポピュラーです。ネット通販に慣れている方の中にも利用者は多いようですから、ごぞんじの方もいるのではないでしょうか。

 

海外であれば近所の薬局・ドラッグストアに普通に陳列されているような薬品でも、日本では市販されていないものがあります。そういった薬品は個人輸入代行を使えば手軽に入手できます。トランサミンも個人輸入代行を使えば簡単に手に入るでしょう。

 

個人輸入代行を利用すれば、トランサミンがなくなるたびに病院へ行く必要はありません。交通費も診察代もかなり節約できるでしょう。病院に行くのと比べれば総合的な費用はかなり抑えることができます。ネット通販のような感覚で簡単に買い物できますから忙しい方でも問題なく使えます。

 

ですが、「個人輸入代行なんて今日初めて聞いたよ」というような方にはどの業者を利用すればいいのか見当もつかないと思います。そこで、どの業者を利用すればお買い得なのかを価格順に表にしましたので参考にしてみて下さい。

 

※トランサミンジェネリック500mg 最安価格(1錠あたり)です。

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
39円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
45円 無料 ベストドラッグ 詳細
48円 無料 TOP 詳細

 

価格はオオサカ堂が最安となっています。いくら安いと言っても初回で大量に買ってしまうと体に合わないこともありますのでやめておきましょう。まずは1箱だけ買って体質と合うのかを確かめましょう。

 

トランサミンと市販薬の飲み合わせ・併用に関して気をつけること

 

個人輸入代行を利用すれば、トランサミンを安く手軽に入手できます。しかし、ここで飲み合わせについて考えておきましょう。

 

病院で診察を受けて処方されたのであれば、飲み合わせや併用については医師が考えてくれるでしょう。別の病院で処方された薬に関しても、今どんな薬を飲んでいるかだけ伝えればきちんと考慮して薬を出してくれます。ですが、個人輸入代行で手に入れた薬はその点を自分で考えておかなければいけないのです。薬にもさまざまな薬がありますから、相性がよかったり悪かったりがあります。この先は一般的に使用率が高いであろう薬とトランサミンの相性について考えていきましょう。

 

解熱鎮痛剤(NSAIDs)との飲み合わせは?


市販薬として販売されている解熱鎮痛剤の一部、NSAIDs(例ロキソニン・ボルタレンなど)を長期服用していると胃粘膜に負担がかかり、胃炎になってしまうことがあります。悪化すると胃潰瘍になってしまうケースも報告されています。

 

そして、トランサミンは副作用の少ない薬ではありますが、食欲不振・吐き気といった副作用があります。

 

普通であればトランサミンの副作用は気にするレベルの物ではありませんが、NSAIDsの副作用が大きくなっているときは話は別です。深刻な胃潰瘍や逆流性食道炎に悩んでいる状態ではちょっとした吐き気も胃に対して追い打ちという形で大きなダメージを与えてしまいます。

 

ですから、もしもNSAIDsの服用で胃炎などの大きな副作用が出ている際にはトランサミンとの併用を控えた方がいいでしょう。

 

市販薬ではありませんが、NSAIDsの中では胃への負担がないセレコックスに切り替えてもいいかもしれません。

 

胃腸薬との飲み合わせは?


胃腸薬と言っても様々な種類のものがあります。

 

  • 胃の動きを活発にする(健胃薬、健胃消化薬)
  • 胃酸の分泌を抑える(H2ブロッカー)
  • 胃酸を中和する
  • 胃の粘膜を守る
  • 胃の筋肉のけいれんを和らげる
  • 消化酵素をそのもの含んでいる
  • 上記をバランスよく含む「総合胃腸薬」

飲み合わせが悪い薬とは、効果が同じだったり、その効果を得るための仕組みが同じケースの場合が多いです。もしくはお互いの薬の効果が真逆になっていて打ち消しあってしまう(例カフェインと睡眠薬)場合です。トランサミンと胃腸薬では効果がダブってしまったり打ち消すことはありませんのでその点は安心です。

 

むしろ、トランサミンで発生する副作用のケアができる胃腸薬は飲み合わせのいい薬だと言えます。

 

トランサミンには吐き気と食欲不振といった副作用がありますから、

 

食欲不振→胃の動きを活発にする(健胃薬、健胃消化薬)

 

吐き気→総合胃腸薬

 

といった形で症状に合った胃腸のケアをしましょう。

 

一緒に飲んでも問題はありません。トランサミンを飲んで副作用が出てしまった時に活用しましょう。

 

風邪薬・花粉症薬との相性は?

 

風邪薬・花粉症薬の基本的な効果や目的は↓のようなものになります。

 

くしゃみを止める
咳を止める
鼻水を止める
熱を下げる
etc

 

どの効果もトランサミンとダブるものはありませんし、打ち消しているものもありません。既に説明したように効果が無関係であれば基本的に併用しても問題はありません。

 

風邪薬・花粉症薬とトランサミンはお互いに対して影響を与えることはありませんので併用しても大丈夫です。

 

 
http://www.ytjcwq.com/ http://www.reggaeprince.com/ http://www.logiciel-fr.net/ http://www.pollyscattergood.net/